ASP・SaaSナビTOP  >  Webフィルタリング「i-FILTER ブラウザー&クラウド」

オススメクラウド・SaaSサービス

あなたのSaaS・クラウドサービスを「買い手」にお届けいたします。

SaaSplats (サースプラッツ)

手間のかかる契約管理業務や月額継続の請求課金業務を一括アウトソーシングできます。

月額固定費無料からご利用可能なECストア構築サービス

licensestore(ライセンスストア)

「パッケージ」、「ダウンロード」、「シリアルキー」、「ボリュームライセンス」などの販売形態が異なる商品を1つのストアで販売可能な、ECストアを構築出来ます。

マルチOSの端末をクラウドで一元管理できるクラウド型エンドポイントWebセキュリティ

Webフィルタリング「i-FILTER ブラウザー&クラウド」

ネットワーク監視セキュリティスパム・ウイルス対策セキュリティウェブセキュリティセキュリティ

「i-FILTER ブラウザー&クラウド」は、iOS / Android / Windows 端末をクラウドで一元管理できるクラウド型エンドポイントWebセキュリティ。
業務効率の向上、情報漏洩対策、アクセス状況の可視化などの課題を解決します。

  • 低価格
  • サポート力
  • 使いやすさ

関連ニュース・プレスリリース

<< プレスリリース一覧へ

「i-FILTER® ブラウザー&クラウド」Ver.4.9、ラインナップを刷新し、2月28日より提供開始

2017/02/15

「i-FILTER® ブラウザー&クラウド」Ver.4.9、ラインナップを刷新し、2月28日より提供開始

「i-FILTER® ブラウザー&クラウド」Ver.4.9、
ラインナップを刷新し、2月28日より提供開始

~端末内のWeb通信をアプリによらず制御可能な「MultiAgent for iOS」、
端末内データ保存を制御できる「SecureBrowser for Windows」を新たに提供~



情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下 デジタルアーツ、証券コード2326)は、業務効率化と同時にさまざまな脅威から端末を守る、企業・教育機関・官公庁向けエンドポイントWebセキュリティ「i-FILTER(アイフィルター) ブラウザー&クラウド」において、端末内のWeb通信をアプリによらず制御可能な「MultiAgent」と、端末内データ保存を制御できる「SecureBrowser」のラインナップに刷新し、2月28日より提供開始いたします。

教育現場のICT化をはじめとしてiPadやWindowsタブレット端末の導入が国内で進む中、ブラウザーを選ばずWebフィルタリングを行うニーズや、Web閲覧機能を持つアプリケーションと併用するニーズなど、モバイル端末の利用は新たな局面を迎え始めています。

一方、法人企業では働き方が多様化し、端末を外部に持ち出して業務を行う機会が増加していますが、モバイル端末はセキュリティレベルの低い公衆無線Wi-Fiからマルウェア感染したりなど、組織内部よりも、外部利用のモバイル端末が標的型攻撃のターゲットになる可能性があります。IPAが2017年1月に発表した「情報セキュリティ10大脅威 2017」組織部門において、1位に「標的型攻撃による情報流出」が選ばれていることからも、企業は組織内部の対策だけでなく、社員が社外に持ち出すモバイル端末のセキュリティ対策強化が今後の課題です。

そこで、デジタルアーツは、エンドポイントWebセキュリティ「i-FILTER ブラウザー&クラウド」Ver.4.9において、端末内の全てのアプリケーションにWebフィルタリング※1を設定できる「MultiAgent」と、端末内のデータ保存を制御できる専用ブラウザー型の「SecureBrowser」の2ラインナップに刷新し、さらに、新たに「MultiAgent for iOS」と「SecureBrowser for Windows」の2種類のOS対応も追加しました。

※添付画像:
「i-FILTER ブラウザー&クラウド」Ver.4.9のラインナップ一覧

「MultiAgent for iOS」は全てのアプリケーションにフィルタリングを行うことができるため、iOSの標準ブラウザーであるSafariにフィルタリングが設定できます。また、これまで業務アプリや学習支援アプリとの併用時にフィルタリングの抜け道となりえた、アプリ内のWeb閲覧機能も制御できます。「SecureBrowser for Windows」では、企業がクラウドサービスを業務利用する際の認証情報やコンテンツの自動削除といった情報漏洩対策になる他、文教市場においては学校で1台のタブレット端末を複数人で利用する際に、以前の利用者の情報を削除できます。

今回の新ラインナップ追加で、「MultiAgent」と「SecureBrowser」の併用もできるようになり、より多くのセキュリティ対策ができるようになる他、マルウェア感染や端末利用者が危険なサイトへアクセスした際に管理者へ通知する機能も搭載されます。管理者はこの情報を元にインシデントが生じた場合の初動対応として、外部端末を遠隔操作でネットワークから隔離できます。

デジタルアーツは、エンドポイントWebセキュリティ「i-FILTER ブラウザー&クラウド」が実現する、安全で快適なインターネット環境の実現をより進化させていくことで、今後も企業・文教・公共市場におけるセキュリティ課題の解決策となる機能を提供し、モバイル端末をより安全に利用できるよう貢献してまいります。 

※1 WebViewの通信が対象。WebViewとはAppleが提供するiOS向けWebブラウザー開発キット。

●【「i-FILTER ブラウザー&クラウド」Ver.4.9の新機能紹介ページ】
 http://www.daj.jp/bs/lp/ifbc49/

以上





※ デジタルアーツ/DIGITAL ARTS、ZBRAIN、アイフィルター/i-フィルター/i-FILTER、m-FILTER/m-FILTER MailFilter/m-FILTER Archive/m-FILTER Anti-Spam/m-FILTER File Scan、D-SPA はデジタルアーツ株式会社の登録商標です。
※ FinalCode はデジタルアーツグループの登録商標です。
※ その他、上に記載された会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。


アクセスランキング 総合


業種別メニュー

サービス別メニュー


このページのTOPへ