ASP・SaaSナビTOP  >  Webフィルタリング「i-FILTER ブラウザー&クラウド」

オススメクラウド・SaaSサービス

あなたのSaaS・クラウドサービスを「買い手」にお届けいたします。

SaaSplats (サースプラッツ)

手間のかかる契約管理業務や月額継続の請求課金業務を一括アウトソーシングできます。

月額固定費無料からご利用可能なECストア構築サービス

licensestore(ライセンスストア)

「パッケージ」、「ダウンロード」、「シリアルキー」、「ボリュームライセンス」などの販売形態が異なる商品を1つのストアで販売可能な、ECストアを構築出来ます。

マルチOSの端末をクラウドで一元管理できるクラウド型エンドポイントWebセキュリティ

Webフィルタリング「i-FILTER ブラウザー&クラウド」

ネットワーク監視セキュリティスパム・ウイルス対策セキュリティウェブセキュリティセキュリティ

「i-FILTER ブラウザー&クラウド」は、iOS / Android / Windows 端末をクラウドで一元管理できるクラウド型エンドポイントWebセキュリティ。
業務効率の向上、情報漏洩対策、アクセス状況の可視化などの課題を解決します。

  • 低価格
  • サポート力
  • 使いやすさ

関連ニュース・プレスリリース

<< プレスリリース一覧へ

小学生のiPadの授業活用を安心して行う環境作りとして、「i-FILTER ブラウザー&クラウド」と「MobiConnect for Education」...

2017/05/16

小学生のiPadの授業活用を安心して行う環境作りとして、
「i-FILTER® ブラウザー&クラウド」と「MobiConnect for Education」を
椙山女学園大学附属小学校が導入



デジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下 デジタルアーツ、証券コード2326)とインターネットデバイスの遠隔管理ソリューションを提供するインヴェンティット株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 敦仁、以下 インヴェンティット)は、椙山女学園大学附属小学校(所在地:愛知県名古屋市、以下 椙山小学校)において、iPadをより安心・安全な環境で活用するため、デジタルアーツのスマートデバイス向けWebフィルタリング「i-FILTER ブラウザー&クラウド」とインヴェンティットの「MobiConnect for Education」が1人1台の運用支援体制を実現しました。

文部科学省では、「教育の情報化ビジョン」をもとに2020年までに「児童・生徒1人1台の情報端末による教育の本格展開の検討・推進」を掲げています。しかし、学習用途としてタブレット端末の授業での活用は有効ですが、情報モラルや情報リテラシーが発達段階にある小学生が使うことについては、教員も保護者も不安が多く、教員においてはタブレットを活用した学習指導経験が少ないため、不安が残ります。児童・生徒に主体的なタブレット活用を促すためには、教員や保護者が自信を持って安心・安全を謳える環境が必要です。具体的には、年齢や学年ごとに情報モラルや情報リテラシーも異なりますので、児童の成長に合わせた柔軟なフィルタリングの設定や、数百台を超えるタブレットの管理・運用では「端末の設定」や「アプリのインストール」、「児童・生徒の集中力の妨げ」などを安心・安全かつ効率的に解決する手段が必要となります。

椙山小学校は2014年、同大学教育学部との共同研究をきっかけにICTの取り組みをスタートさせており、当時、無線LANや電子黒板、教材提示装置などが整備されていたこともあって、Wi-FiモデルのiPadを用いて、1人1台体制における効果的なICT活用についての研究に取り組みました。

そこで、保護者や先生方の不安がもっとも多いインターネットに関するトラブルを防ぐことを最優先した結果、Webフィルタリングには、多くの教育機関で導入実績があり、フィルタリングできるカテゴリの項目が充実している「i-FILTERブラウザー&クラウド」が選ばれました。また、「子どもたちが安全にタブレットを活用した学習をするための環境」と「教育現場における効率的な運用」を実現するために、MDMには、iPad導入校の多くでの運用実績が豊富にあり、学校向けの独自機能が充実している「MobiConnect for Education」が採用されました。

現在、椙山小学校におけるWebフィルタリングは、同校の情報化コーディネーターと共にブロックするカテゴリの項目を決め、さらに「i-FILTER Proxy Server」に設けられた校種別の設定を参考にして「i-FILTERブラウザー&クラウド」にも反映し、2016年度からは4年生と5年生の計約140名を対象に、私物端末によるiPadの1人1台体制を本格実施しました。他にも1年生から3年生に対しては、学校共有のiPadやiPad miniを整備し、ICTを積極的に取り入れた授業を実践しています。

「i-FILTER ブラウザー&クラウド」と「MobiConnect for Education」を組み合わせることで、利用できるブラウザーを制限し安全にインターネットを利用できるほか、端末の設定や管理を一元化できるため、教育現場における安心・安全かつ効率的なタブレット活用環境の実現が可能です。

デジタルアーツとインヴェンティットは今後も教育のICT推進を支援するため学校への導入展開に向けて協業を強化し、児童・生徒の安心・安全なICT教育環境を実現すべく、両社の製品を積極的に推進してまいります。

以上




※ デジタルアーツ、DIGITAL ARTS、i-FILTER、info board、ARS、ActiveRatingSystem、ACTIVE RATING、ZBRAIN、D-SPA、SP-Cache、NET FILTER、m-FILTER、m-FILTER MailFilter、m-FILTER Archive、m-FILTER Anti-Spam、m-FILTER File Scan、当社・当社製品関連の各種ロゴ・アイコンはデジタルアーツ株式会社の商標又は登録商標です。FinalCodeはデジタルアーツグループの登録商標です。
※ その他、本書に記載されている各社の社名、製品名、サービス名およびロゴ等は、各社の商標または登録商標です。


アクセスランキング 総合


業種別メニュー

サービス別メニュー


このページのTOPへ