ASP・SaaSナビTOP  >  ファイル暗号化・追跡ソリューション「FinalCode」

オススメクラウド・SaaSサービス

あなたのSaaS・クラウドサービスを「買い手」にお届けいたします。

SaaSplats (サースプラッツ)

手間のかかる契約管理業務や月額継続の請求課金業務を一括アウトソーシングできます。

月額固定費無料からご利用可能なECストア構築サービス

licensestore(ライセンスストア)

「パッケージ」、「ダウンロード」、「シリアルキー」、「ボリュームライセンス」などの販売形態が異なる商品を1つのストアで販売可能な、ECストアを構築出来ます。

~標的型攻撃対策の「最後の切り札」クラウドでファイル暗号化~「FinalCode」ですべて解決!!

ファイル暗号化・追跡ソリューション「FinalCode」

ドキュメント管理、文書管理ファイル共有・管理各種情報管理ファイル共有・管理顧客情報管理セキュリティ

守る!! 追跡する!! あとから消せる!!
情報漏洩の不安とリスクを解消するファイル暗号化・追跡ソリューション。
ファイルを見られる人を指定して、編集・コピペ・印刷の権限を制御しパスワードレスで暗号化。保護するだけでなく、追跡し、リモートで制御。
おすすめのユーザー様は、協力会社や海外子会社などへの情報提供や社員のファイル持ち出しなど、社外へ出た後のファイル管理に不安をお持ちの企業様です。

  • 低価格
  • 安全性・セキュリティー
  • オリジナリティー

関連ニュース・プレスリリース

<< プレスリリース一覧へ

「FinalCode®」の暗号化モジュールにおいて米国連邦政府標準規格「FIPS 140-2」の認証を取得

2016/09/16

「FinalCode®」の暗号化モジュールにおいて
米国連邦政府標準規格「FIPS 140-2」の認証を取得



情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下 デジタルアーツ、証券コード2326)は、企業・官公庁向けファイル暗号化・追跡ソリューション「FinalCode(ファイナルコード)」のAES256暗号化モジュールであるクライアント用の「FinalCode Crypto Module」とモバイル用の「FinalCode Crypto Module for Mobile」が、National Institute of Standards and Technology(米国国立標準技術研究所、以下 NIST)が規定・評価・認定を行っている暗号化モジュールのセキュリティに関する米国連邦政府標準規格「Federal Information Processing Standard(連邦情報処理標準、以下 FIPS) 140-2」の認証を取得したことを発表いたします。

「FinalCode」は、高度な暗号化テクノロジー、きめ細やかな権限設定、ログ追跡による徹底した管理、そしてファイルが手元を離れた後でもリモートで削除できる機能を持つセキュリティ・プラットフォームです。ファイルの暗号化は「FinalCode Client」や「共有フォルダー自動暗号化機能」、「FinalCode API」に内包された暗号化モジュールが行います。

FIPSは、米国の連邦政府機関が、軍事以外の政府機関、政府委託先、業者等が購買・利用する情報・通信機器が満たすべき暗号化技術標準を定めた規格です。「FinalCode」の暗号化モジュールは、「FIPS 140-2」 Level 1認定を取得し、Suite-B仕様に対応しています。NISTの認定一覧に、今回の承認された2項目が含まれました。「FIPS 140-2」において認証を取得したモジュールは、次にリリースするバージョンから内包されます。

・http://csrc.nist.gov/groups/STM/cmvp/documents/140-1/140val-all.htm#2725
・http://csrc.nist.gov/groups/STM/cmvp/documents/140-1/140val-all.htm#2717

この度のFIPS認証取得につき、デジタルアーツの高橋則行最高技術責任者(CTO)は次のように述べています。
「FIPSの厳しい認定プロセスを経た「FinalCode」は、企業が求める暗号化の規格とセキュリティレベルを満たした製品である事が証明されました。米国では、政府機関やその委託先が導入するセキュリティ製品は、FIPSに承認された暗号化技術を採用していることが義務付けられています。金融、医療、教育、インフラ関連の企業でもこれを推奨しています。 今回のFIPS認定は、「FinalCode」の暗号化テクノロジーが標準化された方法で様々なコンプライアンス要件を満たしており、セキュアなIT環境を必要とする政府機関やその委託先だけでなく、民間企業にも安心して導入していただける製品であると評価された結果です。」

デジタルアーツは「FinalCode」で「FIPS 140-2」の認証を取得した品質と技術力でさらなる機能強化を進め、お客様のファイルセキュリティに安心を提供してまいります。

以上




※ デジタルアーツ/DIGITAL ARTS、ZBRAIN、アイフィルター/i-フィルター/i-FILTER、m-FILTER/m-FILTER MailFilter/m-FILTER Archive/m-FILTER Anti-Spam/m-FILTER File Scan、D-SPA はデジタルアーツ株式会社の登録商標です。
※ FinalCode はデジタルアーツグループの登録商標です。
※ 文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。


アクセスランキング 総合


業種別メニュー

サービス別メニュー


このページのTOPへ